透臭/透臭力とは?|わきが対策の筆頭「ノアンデ」が誇る究極の効果

ノアンデの特徴を見ていると、随所に「透臭」というワードが飛び交っています。

私はノアンデと出会うまで、この言葉の意味を知りませんでした(正確には、ノアンデと出会った今でも詳しくは知りません)。

 

透臭というワードでググってみても、ノアンデの紹介ページが出てくるだけですし…。

果たしてこの言葉には、どのような意味があるのでしょうか?

 

そこで今回は、ノアンデがしきりに使用している「透臭」の言葉の意味が何なのかについて、解き明かしていきたいと思います。

「透臭」をググってみた

そもそも「皆さんご存知の…」という感じで使用されている、この透臭という言葉にはどのような意味があるのでしょうか?

消臭とは違うんですよね。言葉のニュアンス的には透臭>消臭という気がしなくもありませんが…。

 

 

ためしに天下のGoogle先生に「透臭」と入れて検索してみました。

いずれのページもノアンデを紹介しているページで、実際に上の2つのサイトを覗いてみましたが、商品の紹介で透臭という言葉を使用しているだけで、それ自体が何なのかについては書かれておらず…。

 

もしかして常識?私は「とうしゅう」だと思っていますが、パソコンの予測変換にも入っておらず、謎は深まるばかり。

一応、透臭の意味について調べてみたいと思います。

 

 

これはダメみたいですね。

 

透臭とは?

ノアンデが掲げている透臭ケアには、3つの柱があるようです。

 

具体的に紐解いていくと…

  1. 効果を実感できる
  2. 優しさへのこだわり
  3. 自信を持って1日を過ごせる

というのが、ノアンデの商品コンセプトのようですね。

これらを総称して「透臭ケア」と表現しているようです。

 

透臭の定義

恐らく現時点では、透臭というのは広く使われている言葉というわけではなく、ノアンデが独自の技術をそう表現している言葉なのかもしれません。

 

もし、透臭力というものを定義付けるのであれば「有効成分2倍×浸透力2倍」の相乗効果がもたらす賜物と言っていいでしょう。

 

有効成分は、シメン-5-オール(イソプロピルメチルフェノール)とフェノールスルホン酸亜鉛(パラフェノールスルホン酸亜鉛)の2つ。

主に「わきがの原因菌を殺菌するのに有効な成分」であり、ノアンデ独自の製法によってその殺菌能力は約100%とも言われています。

 

それぞれが菌の増殖を抑えたり、汗を抑えたりするのに有効で、ニオイの元を原因から取り除いてくれると言っても過言ではありません。

 

浸透力とは読んで字のごとく「肌への馴染みやすさ」です。

浸透力が高ければ高いほど、長時間にわたって広範囲にその効果を実感できるでしょう。

 

これらが組み合わさって初めて、ノアンデが誇る透臭力と表現できるのかもしれません。

 

まとめ

透臭力とは、ノアンデ独自の技術を駆使した「有効成分2倍×浸透力2倍」の相乗効果がもたらす賜物

消臭は字のニュアンスからも「臭いを消す」という意味になりますが、ニオイは消すことよりも発生させないことが大事です。

実際に汗も最初は無臭ですし、それを放置することによってニオイはどんどん強くなってしまいますからね。

そういう意味では、ノアンデが誇る透臭力はニオイの原因を断ち、長時間の持続力を実現した製品と言っていいでしょう。私自身、ノアンデに出会えてよかったと思っています。
 

最安値の公式サイトを見る
 
TOPノアンデを最安値で購入する方法|ワキガ臭を抑える抜群の効果!!